保育園であいさつをしない人が嫌い

f:id:uni1237:20171222102037p:plain

こんにちは、うにです。

今年の4月に晴れて娘は保育園に入園し、親子ともに新しい生活がはじまりました。

はじめ保育園とはどんなところか全く知らなかったわたしは

園内ですれ違う全ての保護者にあいさつをしていました。

でもその中には無視をする人が少なからずいます。

そんな人にエンカウントするたびにわたしの豆腐のようなメンタルはボロボロと崩れ去り、

帰りの車の中や家にかえってからも「うわぁぁぁあああ無視されたああああ」と脳内で悲鳴をあげていました。

そのあと作業などをしてそのことはすっかり忘れたとしても、夕方お風呂のときにふと思い出して嫌な気持ちになることも。

 

娘と同じクラスのお母さんにあいさつしても、相手はなにも言わず視線を下げたまま顎をクイッとされ、

「え、なに、ハトなの?」

と頭が混乱したものです。

保育室に子どもと無言で入ってくる保護者がいることにも驚きました。

 

メンタルをそぎ落とされる日々が続いていくうちに、わたしはだんだんとあいさつしてくれる人としない人の顔を覚えていきました。

だいたい同じ時間に送迎する保護者は決まってくるからです。

それからわたしは園内で人に会うたびに「この人はあいさつしてくれる」「この人はあいさつしない」と顔をみて判断して自分の態度も変えました。

あいさつを無視する人にはもうあいさつをしない。

これでわたしのメンタルも震えなくてすむ。快適。

 

でももう一つの問題が。

それは出入口門のとびらの開閉時。

門のとびらには上下2つカギがついているので、他の保護者と出入りするときが重なったら「閉めます」「おねがいします」というやりとりがあります。

ここでもね、ふだんあいさつを返してくれない人は声かけしてもたいてい無言。

とてもさびしい気持ちになります。

だから門の出入りするときは注意深く周りをみて、あいさつしない人と重ならないように気をつけています。

 

 

f:id:uni1237:20171222104653p:plain

あいさつしてくれる人は好きです。好印象。

いつもにこにこしていて何かあったとき話しやすいと思う。

あいさつしてくれない人は嫌いです。悪印象。

いつもムスッとしていて関わりたくない。

言葉ひとつでこれだけ印象が変わります。

だからあいさつするほうが自分にとってプラスになると思うんですけどね。

 

でもあの人たちにも忙しいとか人見知りだとかめんどくさいとか、それなりに理由はあるんでしょう。

あの人たちにとってはあいさつしないのが日常で、どうして他人なのにわざわざあいさつしてくるんだ?とわたしの行動を理解できるものではないのかもしれません。

 

それぞれに価値観がちがうんだからそれを受け止めて対処したらもうショックを受けることはなくなる…

と言いたいのですが、今朝もふだん見かけないママさんにあいさつしたら無視されて悲しかったので愚痴をうだうだと書きました。

 

みんな、あいさつしよう。