大人の発達障害診断のための心理検査①

f:id:uni1237:20171012103025p:plain

しばらくブログお休みしていました。

マイペースにやっていこうと思います。

9月くらいから少しうつのような状態になって、先日心療内科を受診しました。

そしてそれと同時に前から気になっていた発達障害の診断も受けることに。

昨日その1回目の面談を受けてきました。

 

検査・診断してもらう目的

わたしはなんのために発達障害の検査を受けるのか。

それは自分がいつも抱えている劣等感、不安、コミュニケーション能力の低さ、生きづらさ、それらが一体どこからきているのかを知りたいから。

発達障害からなのか、過去のトラウマからなのか、専門家の力を借りて本当の自分を知って向き合いたい。

そして原因がわかったら対処したい。

投薬でも対人療法でも、今より少しでも生きやすくなれるようになりたいと思っています。

 

  

診断にかかる費用、日数

大人の発達障害診断を考えている人のためにお金のことも書いておきます。

まだ途中経過ですが。

初診:医師の診察(処方薬なし)…2,050円

検査①:臨床心理士との面談(1.5時間)…1,390円

残り2回検査がありますのでまた後日追記します。

診断がおりるまでおよそ2か月かかります。

※検査の内容・費用などは病院によって違うのであくまで参考までにお願いします。

 

 

 

発達障害診断のための検査

診断するための心理検査は3つ。

①小さいころからについての聞き取り(1.5時間)

②得意・不徳を知る検査(2~3時間)

③心の状態を知る検査(1.5~2時間)

これらを1日1回、計3回にわけて検査します。

 

 

検査①小さいころからについての聞き取り

先日は幼少期からのことについてお話してきました。

この面談ではより診断をしやすくするために母子手帳、小・中学校時代の成績表があれば準備します

そして可能なら家族も一緒に面談するのが望ましいです。

わたしの実家は遠方だし、成績表は処分してしまっていたので母子手帳のみ持っていきました。

 

 

面談の内容

面談は病院のカウンセリング室で臨床心理士とわたしの二人で行います。

自分が小さいころからについてとても細かく聞かれました。

これはあらかじめ紙にまとめていればよかったと少し後悔しています。

家族構成、家族との関係は良好だったか、保育園時代の記憶、友だちとどんなふうに関わり遊んでいたか、好きな遊び、好きな科目・苦手な科目、学力、先生にほめられたこと・注意されたこと…

まだ他にたくさんのことを聞かれました。

 

わたしがこれまで悩んできた対人関係についても話しました。

保育園に通っていたころから集団になじめず、一人でいることが多かった。

小学校のときは授業がおわると一目散に家に帰って、友だちと一緒に帰ることがなかった。

放課後や休日に友だちと遊ぶのがしんどかった。

複数の友だちと一緒だといつも緊張していた。

とにかく人とどう接したらいいのかわからなかったのです。

今もその悩みは続いています。

 

過去の記憶も話しました。

昔はあまりいい思い出がありません。

これまで誰にも話していないことも初めて心理士さんにうちあけました。

過去いじめられたことについてはこのブログでも書いたことがありますが、その他にも父が不倫して出て行ったり不倫相手から嫌がらせを受けたり母から虐待を受けたりしたことがあります。

それらを思い出すと今でも胸がぎゅうっと苦しくなるけど、その記憶が今のわたしに何かしらの影響を与えているかもしれないので全部話しました。

 

そうやって自分のことをあらためて振り返ってみると、今でもそうだけど人に助けを求めるのが苦手です。

心理士さんに「そのときは誰かに助けを求めなかったの?」と聞かれたけど、あのときはできませんでした。

当時はだれも信頼できる人がいなかったし、「お母さんだってお父さんのことがあってつらいから仕方ないんだ。わたしがいけないんだ」という考えだったので。

 

f:id:uni1237:20171012100441p:plain

これまでずっと心のすみっこに隠していた記憶や感情を出してみると涙があふれて止まりませんでした。

「それはとても大変でつらかったでしょう」

カウンセラーの言葉にそう、とてもつらかったの。つらかったんだわたし…と認識しました。

正直、自分自身ですら過去の自分を認めてなかったけど、ようやく自分でもつらかったよねと受けとめることができました。

「あのときがあったから今がある」みたいに無理やりポジティブにならなくてもいいや。

つらかった記憶はそのままつらかったと思っていたらいい。

 

…という感じで検査のようなカウンセリングのような内容で、1時間半なんてあっという間。

他人だからこそ話せるという利点を最大限に生かして、だいぶ気持ちがスッキリしました。 

また次週、得意・不得意の聞き取り面接にいってきます。

 

最近はわりと元気にすごしています。

ツイッターにものせたけど、カメムシにおびえる毎日です。

f:id:uni1237:20171011103317j:plain

ではまた。