実家へ帰省中も叱らない子育てを実践

f:id:uni1237:20160322215041j:plain

 

この連休、私の実家に帰省していました。

2泊3日の間にもいろいろと娘は成長しました。

 

 

ばぁばが大好き

娘は私の母が大好きすぎて、私より好きなんじゃない!?と思ってしまうくらいです。

普段はパパママ~って呼びかけたりしないのに、

「ばぁば~」と連発して呼びかけています。

ちょっと悲しい。ママ~って言って欲しい・・・。

ちなみにじぃじは今だに怖いらしく、近づきません。

 

 

そんなばぁばも「こら!」「だめ!」の連発

好奇心旺盛の娘。実家でもいろんなものを触っていました。

ソファにもボールペンで落書きしてしまいました。

すると私の母は「こら!」「めっ!(だめ!)」の連発

娘は大好きなばぁばに叱られて泣いていました。

私が「お絵かきはノートに描こうね。」

「ソファにお絵かきしたらばぁばが困るよ、悲しむよ。」

そういう言い方で娘に伝えると、

娘はちゃんとノートの方にお絵かきし始めました。

すると母は「ああ、そう言えばいいのね、なるほど」と、感心していました。

 

 

私自身も「めっ!」と叱られて育ったな・・・

娘が私の母に叱られたのを見て昔のことを思い出しました。

私も昔は母によく「めっ!」と叱られていました。

幼い頃だからどういう理由で叱られたのかは忘れたけれど、

「めっ!」と母に叱られて悲しかったことだけは今でも覚えています。

大好きな母に自分を否定されることはとっても悲しかったのです。

だから娘にはそういう記憶を残したくないと強く思いました。

 

 

娘がでんぐり返りをした!

娘とおすもうさんごっこをして遊んでいると、

娘が突然でんぐり返りをしました!

え、1歳10ヶ月でもうそんなことできるの!?

ネットで調べてみるとだいたい3歳くらいでできるようになるみたいですが、

早い子だと1歳半くらいでするそうです。

特に教えてもないのに、突然でんぐり返りをしたので本当にびっくりでした。

娘はそれが楽しかったみたいで、その後何回もまわっていました。

私と違ってわりと運動神経は良いみたいです。

 

 

イヤイヤがピーク

実家でも娘のイヤイヤが止まりません。

何してもダメな時は娘は泣きながら床に伏せます。

私はこれを絶望のポーズと名付けました。

帰省が終わり、明日からまたいつもの生活。

この絶望のポーズに私一人で向き合うのは大変だろうなぁという心配もあるけど、

なるべく穏やかな気持ちを持って過ごしていきたいです。

 

おわり。

 

叱らない子育てを実践しています。

 

 

 ランキング参加中です。

にほんブログ村 子育てブログへ